おかげさまで、創業11年、会員数10万人突破! よもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | 東京 日本橋・池袋・新宿・渋谷


header_click_blank.pngnavi_store_nihonbashi_02.pngnavi_store_nihonbashi_03.pngnavi_store_nihonbashi_03.pngnavi_store_nihonbashi_04.pngnavi_store_nihonbashi_04.png
header_click_blank.pngnavi_store_ikebukuro_05.pngnavi_store_ikebukuro_06.pngnavi_store_ikebukuro_06.pngnavi_store_ikebukuro_07.pngnavi_store_ikebukuro_07.png
header_click_blank.pngnavi_store_shinjyuku_08.pngnavi_store_shinjyuku_09.pngnavi_store_shinjyuku_09.pngnavi_store_shinjyuku_10.pngnavi_store_shinjyuku_10.png
header_click_blank.pngnavi_store_shibuya_11.pngnavi_store_shibuya_12.pngnavi_store_shibuya_12.pngnavi_store_shibuya_13.pngnavi_store_shibuya_13.png

navi_top.pngnavi_top.pngnavi_about.pngnavi_about.pngnavi_yomogi.pngnavi_yomogi.pngnavi_germa.pngnavi_germa.pngnavi_rose.pngnavi_rose.pngnavi_service.pngnavi_service.pngnavi_store.pngnavi_store.pngnavi_voice.pngnavi_voice.pngnavi_media.pngnavi_media.png

blog_header.png

宮崎圭太先生

【宮崎圭太先生ブログ】73%の日本人が間違っている油の選び方とは?

2016年4月8日

おはようございます!

 

妊活で悩んでいるけど

どこで相談したらいいかわらからない

そんなあなたが明日から何をすればいいのか

丁寧に説明する子宝鍼灸師の宮崎です。

 

前回、油を取ることの大切さについてお話しました。
今日は、どんな油を摂るべきなのか?

についてです。

 

どんな油、の前に先にひとつ

絶対にとってはいけない油について

お話しておきますが

トランス脂肪酸はご存知ですか?

 

植物の油に水素を加えて

マーガリンを作ったときにできる

油の一種です。

 

このトランス脂肪酸に関しては

活性酸素が発生して

卵子の質と年齢を一気に下げることになります。

絶対に取らないでください。

マーガリン、ショートニング

植物油脂なんとか(これは絶対ではないです)

あたりですね。

 

次に取るべき油についてです。

それは・・・オメガ3と呼ばれる油ですね。

 

油には絶対に取らなければならない油が二つあります。

そのうちのひとつがオメガ3で

もうひとつがオメガ6ですね。

 

オメガ3は体内の炎症を抑えてくれます。

そのため、風邪やけがや病気の炎症を

疲労による身体のだるさも抑えてくれる油です。

もうひとつのオメガ6については

必要な油ではありますが

現代人は取り過ぎているので

基本的にはできるだけ取らないようにしましょう。

 

オメガ6を取り過ぎると

炎症を起こす作用があります。

卵巣の腫れも

オメガ6を取り過ぎると起こりやすくなります。

そのため、必要ではあるのですが

取り過ぎない、

むしろ自分では極力取らないようにしましょう。

 

比率としては

オメガ3:オメガ6が

1:4と言われています。

 

現代では1:40くらいで

オメガ6が過剰になっているそうです。

 

なので、オメガ3を積極的に摂るように

心がけてくださいね。

 

最後にどんなものに入っているかですが

・オメガ3・

あまに油、エゴマ油

ヘンプオイル、青魚

 

・オメガ6・

サラダ油、ゴマ油、キャノーラ油

グレープシード、菜種油など

 

よく揚げ物、炒め物に使われる油は

極力取らないようにしましょう。

 

また、最近はやっているココナッツオイルや

オリーブオイルは

どっちにも含まれませんが

オメガ3の特徴として『熱に弱い』

という特徴があるので

炒め物をするときに使うといいですね。

 

できるだけ早く油を変えることで

卵子の質や年齢は早く向上します。

ぜひ、参考にしてくださいね。
宮崎圭太

 

▼毎週金曜日更新☆

宮崎先生って?詳しくはこちらのバナーから♪ 

blog_miyazaki_ban

 

 

『子宮を温めれば妊娠体質になる!』著者:宮崎圭太プロフィール

>>http://www.rakuzaya.com/archives/2444

宮崎圭太先生

page_top.png

side_hpb.pngside_hpb.png
side_coupon.pngside_coupon.png

コンテンツ
side_om.pngside_om.png
2.png2.png
よもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | メディア掲載情報よもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | メディア掲載情報
よもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | 会員様へのサービスよもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | 会員様へのサービス
side_qa.pngside_qa.png
side_contact.pngside_contact.png

ブログ
楽座やブログ楽座やブログ

Facebook
よもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | facebookよもぎ蒸し&ゲルマニウム温浴の楽座や | facebook